住宅ローン控除とは - 住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは

住宅の購入や増改築工事には、数百万円から数億円かかるといわれており、ほとんどの人が住宅ローンによってその資金を賄っています。 住宅ローンは、返済期間を30年程度の長期に設定することで月々の負担額を低く抑えるためのもので、最近では様々な金融機関が取り扱っています。 これらの住宅ローンを使用して住宅を購入、増改築、新築などを行った場合、一定の条件を満たせば入居した年より10年間、所得税の控除や還付を受けることができ、 「住宅ローン控除」と呼ばれます。正式名称では「住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除」という名称です。現在施行されている決まりによると、 2013年12月31日までにその住宅で居住を始めた人が対象になります。ただし、その年に借り入れがない場合には対象外となってしまいますので注意が必要です。

 

また、控除の計算方法や規定などは大変複雑なものですから、税務署で相談をすると分かりやすく教えてもらえます。この制度は何度も見直しが行われており、 対象の年によって控除額が大きく異なってきます。 万が一申告を忘れていた場合には最大で5年間遡って還付を受けることができますので、住宅ローンの利用をしている人は改めて確認をしてみるとよいでしょう。

 

[金融関連サイト]
100を超えるクレジットカードを多方面から比較している大手クレジットカード専門サイトです・・・クレジットカード比較

 

[スペシャルサンクス]
住宅ローンと言えば、大御所サイトのこちらです。当サイトも参考にさせて頂いています・・・住宅ローン